遺伝子治療の魅力|【癌の最先端治療】大腸がんは遺伝子治療で治していこう

最新の癌治療を受けるためには

年々新しい癌の治療法が確立されていきますが、特に新しく治療の効果も高いことから遺伝子治療が人気です。そんな遺伝子治療はどのように受ければ良いのでしょうか。スムーズに対応出来るように、事前に受ける流れなどをチェックしていくことです。

遺伝子治療を受ける流れをチェック!

カウンセリングを行なう

遺伝子治療を行なうにあたって、最初は必ず医師とのカウンセリングから始まります。そこで、癌や現在の状況などを細かく医師の伝えていきましょう。このカウンセリングにて、医師はアドバイスや色々な提案をしてくれます。

検査をする

カウンセリングが終わって本格的に遺伝子治療を受けたいとなったら、次は遺伝子診断やスクリーニング検査などを行なっていきます。この検査を行なうことで、自分の身体にある癌細胞や癌の詳しい状況などを把握していきます。

治療スケジュールやプランを決める

無事に各検査が終了すると、結果をもとに治療スケジュールやプランなどを決めていきます。そこで、医師が色々な提案をしてくれるので、しっかりと考えて自分に適切なスケジュールやプランを決めていくことが大事ですよ。

治療開始!

医師と相談してスケジュールなどを決めることが出来たら、治療が始まります。治療の日程や内容などは人によって違いますが、主に点滴や注射を用いて治療を行なっていきます。治療のために、きちんと通院を続けましょう。

遺伝子治療の魅力

女医

副作用が発生しない

最先端と言われる遺伝子治療の魅力と言えば、治療を行なうにあたって副作用や苦痛を感じないことでしょう。従来の癌治療では、激しい吐き気などの副作用や全身に発生する苦痛などがありますが、遺伝子治療ではこのような苦しみを味わうことはありません。副作用が発生しないのは、元々身体にある遺伝子を注入するからです。このことから、遺伝子治療を行なう患者が増えています。

治療範囲の幅が広い

癌は種類や症状、進行具合によって行なえる治療法などが限られてしまいますが、遺伝子治療では治療範囲が広いです。末期がんの場合でも遺伝子治療を行なうことが出来ますよ。また、他の治療とも併用可能となっているので、より治療効果を高めてくれる効果も持っています。遺伝子治療は患者にとって、様々な希望を照らしてくれる治療法と言っても良いでしょう。

早期の癌にも治療が出来る

遺伝子治療は癌を発症する前にも、治療を行なうことが出来ますよ。問題となる大きさの腫瘍にはなっていないが経過観察をしているものや、親族に癌患者が多い方など、少しでも癌に対して不安がある場合は問題なく遺伝子治療を実施出来ます。癌を発症する前から、このような治療を行なえるので非常に嬉しいですね。

広告募集中